ケアマネジメントは在宅介護支援の必要性の中から生まれてきたものです。介護が必要となった人を施設に預けてしまえば施設から提供されるサービスを受けられるので、家族の負担を軽減することができます。一方在宅介護の場合、特に初めて介護をするという場合は、知識が乏しいため、必要なサービスは何なのか、介護者にどのような対応をすればよいのかわからないことが多く、自分たちで判断することは非常に困難です。そのため、在宅介護におけるケアマネジメントの必要性が出てきたのです。ケアマネジメントでは、現実における様々な目標や問題を調整する役割を持っています。そして専門知識のない家族に代わって必要な介護サービスを判断して、提供してくれる機関を見つけてくれるのがケアマネージャーです。ケアマネージャーのお仕事はこれだけではありません。彼らは、公的な介護保険サービスを調整する以外にも、地域と介護者をつなげていく役割も果たします。今後の介護保険にはケアマネジメントの導入は不可欠で、在宅介護サービスを利用するにあたり、ケアマネジメントはその中心となります。また、介護に関する様々な事柄をケアマネージャーが独断で決定するのではなく、介護者と介護保険サービスを行う機関と連携していくことが必要になります。一方訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で生活できるよう、ホームヘルパーが利用者の自宅を訪れ、食事・入浴・排泄などの身体介護や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活援助をしたりします。なお、このサービスでは直接利用者の援助に該当しないサービスは受けることが出来ません。これらのサービスを受けるためのプロセスについてご説明します。まずはお住いの市区町村の窓口で要介護認定を受ける必要があります。申請後は、職員からの訪問を受け、聞き取り調査を行います。その後主治医による意見書や判定により市区町村が要介護度を決定します。要介護の段階において受けられるサービスが決まっているので、それに基づきケアプランを作成して必要な支援を受けます。